AGAとはどんなものかを知ろう

薄毛に悩んでいる人は日本全国に数多くいます。その中でも男性型脱毛症の「AGA」、女性型脱毛症の「FAGA」と分かれています。男性と女性では脱毛症になる原因なども変わってくるため、治療方法も変わるとされています。

AGAとFAGAを比較することで違いを知ろう

AGA

男性が発症する脱毛症を「AGA」と呼びます。額の生え際や頭頂部から薄くなってくるのが特徴とされています。一般的には遺伝や男性ホルモンの影響と考えられています。

FAGA

脱毛症は女性にも表れる現象です。男性ホルモンが影響するといわれていますが、女性の体内にも男性ホルモンがあります。そのため、女性ホルモンが少なくなり男性ホルモンが増えると、薄毛や抜け毛が多くなることを「FAGA」と呼びます。

病院での治療で症状を改善させることができる

agaで悩んでいる人は多くいます。昔は薄毛や抜け毛は治すことができないものとされていたからです。しかし、現在の医学では進行を遅らせたり、改善させることができるようになってきています。AGAに悩んでいる人は、病院でAGA治療を受けてみましょう。

AGAに関する疑問を解決させよう

髪の毛

AGAにはどういった治療方法があるの?

agaには大きく分けて2つの治療方法があります。1つが頭皮の血流を良くして毛母細胞に刺激を与える薬を使用する薬品治療、もう1つが髪の成長を助ける成分を頭皮に注入する治療方法になります。進行状況や体質に合わせて治療方法も変わります。

AGA治療の薬はいつまで飲み続けるの?

AGA治療の薬は、治療が完了するまで継続する必要があります。元々薄毛や抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因とされています。AGA治療で使われる薬はそのホルモンバランスを整える役割を果たしているため、服用をやめてしまうとバランスが崩れ、再度AGAを進行させてしまう原因にもなります。

AGA治療で使われる薬は必ず効果が表れる?

AGA治療で使われる薬は、プロペシアと呼ばれるものになります。男性ホルモンから生まれるDHIを防ぐ効果を持つプロペシアですが、体質によっては効果が出にくい人もいるため、服用して効果が見られない場合は専門医に相談してみましょう。

[PR]
AGAなら茨城で治す
いつまでもハゲでいたくない人必見

治らないといわれていたAGAも治療をすることで改善できる

メンズ

AGAの原因は2種類に分かれる

多くの男性が悩みにしているAGAですが、発症する原因は2種類に分かれるといわれています。1つが遺伝的なもので、もう1つが男性ホルモンの乱れとされています。そのため、AGA治療を行う際は、どちらが原因かを特定する必要があります。

育毛サイクル

AGA治療の副作用なども調べておこう

薄毛や抜け毛を改善させることができるAGA治療ですが、改善のために服用する薬の副作用なども調べておかなくてはいけません。副作用がまったく出ない人もいれば、1度の服用で強く副作用が出てしまう場合もあるため、不安な場合は専門医に相談してみましょう。

[PR]
埼玉でagaサロンを探すなら!
良い口コミと悪い口コミで評判をチェック!

広告募集中